東洋物産 沿革

1952年

帆秋穐誉と帆秋寿平が大分市米屋町にて東洋物産有限会社を設立

食用油、飼料、雑穀等の卸販売を自転車や単車等で行う


1957年

金池町5丁目に社屋を新築

帆秋寿平が東洋物産有限会社代表取締役社長に就任


1957年

配合飼料の仕入れ販売を強化


1958年

国東町に出張所を開設


1961年

丸紅飼料株式会社、伊藤忠飼料株式会社と取引を開始


1961年

鶏卵卸売事業を本格化


1966年

国東出張所を本社へ機能移転


1971年

錦町3丁目に東洋第2ビルを新築

本社は東洋第1ビルへ移転


1980年

資本金を1,500万円に増資


1990年

東洋物産株式会社に組織変更


1993年

下郡東1丁目にエッグセンター設立


1996年

帆秋忠俊が代表取締役社長に就任


2001年

鶏卵小売り事業を開始


2004年

帆秋忠俊が(一社)大分県配合飼料価格安定基金協会の理事長に就任


2007年

不動産投資事業を開始


2015年

有限会社大分鶏卵と東洋物産株式会社が合併

本体は東洋物産株式会社となる


2016年

帆秋忠俊が(一社)大分県配合飼料価格安定基金協会の理事長を退任


大分鶏卵 沿革

1950年

大分市今津留1014番地で河野学が河野商店を創業


1950年

大分市府内町1丁目若松マート内に直売店設置


1953年

貨物トラック購入、産地と消費地のパイプ役として問屋機能を起こす


1962年

河野商店を有限会社大分鶏卵と改称し、法人組織とする

初代代表取締役に河野学が就任


1973年

大分市大津町1−21−22に社屋新築移転


1973年

鶏卵の加工部新設、玉子焼き、目玉焼、オムレツの製造販売を開始


1977年

中央卸売市場開設とともに関連商品売場に市場支店開設


1981年

大分市府内町若松マート支店を本社へ統合


1982年

初代社長河野学の長男・河野繁隆が代表取締役に就任


1984年

加工部が錦糸玉子を製造開始、真空パック包装を導入


2015年

東洋物産株式会社と事業合併